生活介護・児童発達支援

東京小児療育病院は特別支援学校卒業後、在宅の重症児・者とその家族に対する支援策として、重度重症のため、一般施設の受け入れが困難で、在宅生活を余儀なくされた状況を見て、全国に先駆け1987年4月に重症心身障害児・者通所施設を開設しました。
2012年4月から自立支援法の改正により、青年部は生活介護に、幼少部は児童発達支援(児童発達支援センターとして登録)にそれぞれ移行、健康管理・社会参加・日中活動(保育)の場として豊かな生活を送って頂ける事を目的としています。

通所施設のご案内

利用者

重度重症で、一般施設を利用できない地域の施設等に通所が困難な在宅の重症心身障害児・者。

  • 生活介護(青年部)
    特別支援学校高等部卒業、もしくは同年齢で「立川市」「東村山市」「昭島市」「武蔵村山市」「東大和市」「瑞穂町」に在住の方
    重症度:超重症者 22名  準超重症者 15名  重症者 94.9% (2017年度)
  • 児童発達支援(幼少部)
    学齢前の幼児。
    重症度:超重症児 1名  準超重症児 4名  重症児 71.4% (2017年度)

施設の定員状況によって、ご利用頂けない場合があります。事前に下記のお問い合わせ先「地域支援センター通所科」までご相談ください。

定員

1日36名
2017年度利用登録者数46名(青年部39名、幼少部7名)

職員体制

日々定員36名に対して2:1
サービス管理責任者1名
生活支援員14名
看護師5名(常勤1名、臨時3名、非常勤1名)

生活介護(青年部)

グループ活動・サークル活動、男女に分かれて行う男女別活動、少人数での外出、全員で行うレクリェーションなど、ご家庭ではなかなか体験できない集団を中心としたさまざまな活動を提供しています。

通所日:月曜日~金曜日 (最大 週5日)

青年部の日課

10:00 送迎バス到着
10:30 朝の会
11:00 各種活動
11:30 昼食・休憩
14:00 各種活動
14:30 降園準備
15:30 降園

児童発達支援(幼少部)

1~2歳児を対象とした"つぼみ組"(水曜日)。3~5歳児を対象とした"たんぽぽ組"(月・火・水曜日)のクラスがあります。水曜日は"つぼみ組""たんぽぽ組"合同で保育を行っています。
運動・音楽・造形遊びの他、保育園・他施設との交流等、親子で様々な体験を行いながら、仲間づくりに取り組んでいます。
通常は母子通園としていますが、就学に向けての準備として、年長児は火曜日の預かり保育を実施しています。

保育日課

9:30 登園
10:00 朝の会
10:45 設定保育
11:30 降園準備
11:45 帰りの会
12:00 降園

通所施設のご利用について

見学

見学は随時受け付けております。事前に下記「地域支援センター通所科」までお申し込みください。

お申し込み

お住まいの市区町村の障害福祉課等が窓口となります。お問い合わせ頂きましたら、施設の定員状況、お住まいの地域の申込み窓口等をご案内いたします。

お問い合わせ
東京小児療育病院 地域支援センター 通所科 担当:中村(通所管理者)
〒208-0011 東京都武蔵村山市学園4-10-1
電話:042-561-2521(代表) FAX:042-566-3753
メールアドレス:tu-en@kakufuh.com
平日 8:30~17:00