福利厚生

施設・制度

24時間院内保育

1992年「わんぱく保育室」を開設しました。勤務に応じた24時間院内保育で、ワーク・ライフ・バランスの実現をめざしています。看護職の子育て支援だけではなく、医師、訓練士、介護職も利用しています。いつまでも働きやすい環境のもと、資格を生かした勤務がしたい、そうした願いを実現しました。また保育室は病院の敷地内にありますので、お子さんを身近に感じながら勤務することができます。

学童保育室

子どもは社会の財産です。子どもの成長をともに助け合う積極的なサポート体制が、2006年、敷地内に院内学童保育室を開設させました。夜勤にも対応していますので、仕事との両立が可能です。

看護師宿舎

単身者向けの看護師宿舎を施設の敷地内にご用意しています。全室南向き個室、15帖の大型ワンルーム、大容量収納、冷暖房完備、大型洗面化粧台、換気暖房乾燥機付浴室、ウォシュレットトイレ(風呂トイレ別)、IH3口コンロ両面グリル付システムキッチン、TVモニター付インターフォンなど充実の設備です。

夜勤時のタクシー送迎

当院では夜間勤務時の出勤と退勤に、タクシーで送迎をしています。夜間勤務で働かれる職員が、安心して通勤ができる様に対応しております。

職員互助会

施設ごとに職員で構成する互助会が、毎年、福利厚生として一泊旅行(温泉旅行、スキー旅行)や日帰り旅行(ディズニーランド、イチゴ狩り等)、納涼会、忘年会の開催などさまざまなイベントを積極的に行っています。またクラブ活動(テニス部、野球部、スキー部、渓流部等)も活発に行っていて、職員同士の親睦を深めています。

互助会スキー旅行

クラブ活動 野球部