年間行事

 

地域の方々との交流や、家族との楽しい充実した時間を過ごしていただくために、月ごとのグループ外出をはじめ、季節に応じて、趣向を凝らした様々な行事、レクリエーション活動を行っています。

春の行事

お花見

桜の花を見上げながら、お花見弁当や豚汁をご家族といっしょに食べます。以前は秋留台公園に出かけていましたが、ここ2 ~ 3年は施設の周りにある桜を楽しむようになりました。そのため、施設内でカラオケ大会をして盛り上がるなど、楽しみが増えました。

夏の行事

センター祭

センター全体のお祭りに、楽では各活動で製作した作品を販売。前年度は今までで最高額の売上げがあり、「やりがいを大きく感じることができた」と、皆さん喜ばれていました。また、ご家族といっしょにコンサートを聴いたり、屋台の食べ物を楽しんだり、バザーでたくさん買い物をしたりするなど、個々に楽しんでいます。

納涼祭

夏の一大イベントは納涼祭。夕方からセンターの駐車場にて開催されます。お祭りの食べ物も楽しみのひとつ。屋台での食べ物は利用者の皆さんからアンケートを取り決定します。他施設からゲストを呼び、太鼓の演奏を聴いたり、活動ごとに出し物を披露したり大盛り上がりです。締めくくりには花火大会! 夜空に上がる花火を皆で見上げ 「た~まや~!」の声をあげています。

秋の行事

グループ外出

秋の楽しみはグループ外出。毎年、利用者アンケートで行先を決めます。アウトレットなどでの楽しいお買い物や、河口湖で富士山を見ながらのランチ・散策では、皆さん大興奮でした。動物園やサイボクハム、青梅のかんぽの宿などにも出かけました。昨年は、電車を利用してリニューアルしたサンシャイン水族館へ行き、巨大水槽に大感激し、美味しいランチを楽しみました。

冬の行事

忘年会

一年の締めくくりは忘年会。 クリスマスもかねたサンタといっしょの忘年会や、歌謡曲の流れる居酒屋でお寿司を食べたり、皆で正装してしっとりと年忘れするなど、毎年趣向を変えて楽しんでいます。プレゼント交換では、個々にプレゼントを用意し、自分の物が誰に当たるかビンゴゲームでドキドキしたりと、笑顔いっぱいの忘年会です。

ボランティアスタッフ募集中

西多摩療育支援センターでは季節行事のお手伝い、グループ外出の付き添いなど、様々な形で、多くのボランティアの皆様にご協力をいただいています。ボランティアに参加していただける方、興味をお持ちいただいた方は、お気軽にお問い合わせください。

西多摩療育支援センターのボランティア活動について詳しくはこちら