看護師ブログ~にじいろ日記~

2018年12月21日 摂食・嚥下障害看護認定看護師活動の紹介

当院へ就職し今年で5年が過ぎようとしています。

長期入所者がいらっしゃる4病棟の利用者様の、安全で楽しい食事時間を作ることを目標に活動しています。

また、歯科と連携し摂食外来を始め3年が経ち、軌道に乗り始めてきました。

今年度の4月の新入職員オリエンテーションでは、食事介助と口腔ケアについての講義・演習を行いました。

院内では、NST委員会(栄養サポートチーム)での活動も行っており、1回/月昼食時には歯科医師・管理栄養士・生活支援員・調理師・作業療法士などと多職種でランチラウンドを実施しています。

ランチラウンドでは、実際に提供されている利用者様と同じ食事を関係者でいただき、各利用者様に適した食事の形態が提供できているかを確認し、課題などについて共有する時間としています。


NST傘下には3つのチームがあり、その一つである「摂食嚥下・口腔ケアチーム」に所属しています。各病棟チームメンバーや関係職種と毎月検討を行い、症例カンファレスを実施し学習を深めています。